皆さんは「Stagecrowd(ステージクラウド)」を利用したことがありますか。

Stagecrowdは、ソニー・ミュージックソリューションズが運営するライブストリーミングプラットフォームである。

コロナ禍の影響でおうちタイムが増えてきている今日において、オンラインライブ市場が急速に拡大してきました。

Stagecrowdの配信ジャンルは、アーティストのライブイベントだけでなく、アニメイベントやトークイベントなど、多岐にわたります。

「Stagecrowdのライブ配信を録画したいけど、方法がわからない」という方もいらっしゃると思うので、今回はStagecrowdのライブ配信の録画方法について説明します。

さらに、ライブ配信の録画は違法かどうかについても説明します。

Stagecrowdとは

2020年6月29日、ソニー・ミュージックソリューションは、ライブ配信を中心とした映像配信サービスとして、PCおよびスマートフォン向けに『Stagecrowd』を開始しました。このサービスは、ソニー・ミュージックレーベルズに所属するアーティストや他社に所属するアーティストのインターネットライブ配信サービスとして展開されています。アーティストのオリジナリティを活かしたWebサービスやEC連携、コメント投稿機能などに加え、同時視聴者数に制限がなく、安定した高音質・高画質配信を提供しています。ライブ配信の視聴にはチケットの購入が必要で、アーティストのオフィシャルサイトから直接購入することができます。

サービス開始後初のライブ配信は、2020年7月11日に開催された「SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダSP 〜LIVE document〜」で、無観客で行われました。

なお、このサービスは日本国外でも利用可能です(日本からは国外向けのサイトにアクセスできません)。中国では、bilibiliの公式アカウント「舞台集云-Stagecrowd」での配信となっています。

Stagecrowdのライブ配信は録画できる?

もし、Stagecrowdで好きなアーティストのライブ配信が決まったら、絶対参加したくなりますね!

しかも、そのライブを一回だけでなく、何回も味わいたいものです。

アーカイブ配信はあるものの、一定期間を超えると、見られなくなるので、やはり不便ですよね。

そういう時には、ライブ配信画面を録画することが必要になります。

ここでは、Stagecrowdのライブ配信画面を録画できるパワフルなStreamGaGaキャプチャーソフトをオススメします。

StreamGaGaキャプチャーソフトの使い方はごく簡単なので、パソコンの操作が苦手な方でも簡単にできるのです。

StreamGaGaとは

StreamGaGaはStagecrowdだけでなく、Z-aN(ザン)やASOBISTAGE(アソビステージ)、mediable (メディアブル)、SHOWROOM(ショールーム)などのオンラインライブ配信サービスにも対応しており、ライブ配信画面を録画できるキャプチャーソフトです。

  • StreamGaGaは最大4KUHD解像度とEAC3 5.1オーディオまでStagecrowdのライブ配信を録画することができます。
  • Stagecrowdのライブ配信を視聴しながら録画することが可能。
  • 録画した動画はスムーズに再生可能、回線速度による映像・音声の乱れや遅延は一切なし!

Stagecrowdのライブ配信を録画する方法

次に、StreamGaGaでの画面録画の手順を画像付きで解説していきます。

1.StreamGaGaの公式サイトにアクセスし、録画ソフトを無料でダウンロードします。

2. StreamGaGaを起動し、アドレスバーにStagecrowdのリンク( https://stagecrowd.live/ )を入力します。Enterキーを押します。

3. Stagecrowdのサイトが表示されたら、ログインをします。すでに購入したチケットを確認し、まもなく開始するライブの視聴ページに移動します。

4. 再生が始まると、StreamGaGaはライブ配信のURLを自動的に分析します。分析が終わったら、以下のようなウィンドウが表示されます。ご希望の画質と音質を選択したうえで、「今ダウンロード」を選択します。

ライブを視聴する間、録画が自動的に行われるので、視聴ページから離れずに、安心してライブを楽しんでください。

ライブ配信の録画は違法?

有料ライブ配信の画面録画については、どの配信サービスでも禁止されている場合が多いですが、「録画=違法」と考えるのはやめましょう。

録画した動画をSNS上でアップしたり、他社へ販売したりしない限り、違法にはなりません。

私用目的の画面録画自体は適法です!

例えば、オンラインライブを録画して、その動画を自分自身や家族などの限られた範囲内で利用するのであれば、著作権法上禁止されている「違法録画」には該当しません。

まとめ

今回はライブ配信プラットホームのStagecrowdの画面録画について解説してきました。本記事でおすすめしたStreamGaGaキャプチャーソフトはStagecrowdを利用する際にとても役立つ録画ソフトですので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

ASOBISTAGEの録画可否について。こんな便利な方法もあったのか!

【2022最新】『Z-aN』は?ライブ配信の録画方法を紹介!

関連記事