1. QuickTime Playerとは

Quick Time Playerは、Apple社が開発したメディアソフトですが、MacだけではなくWindowsでも利用できる優れたフリーソフトです。動画や音楽などのメディアファイルを再生して楽しむことができます。

シンプルで分かりやすいインターフェイス。パソコン初心者でも使いやすいソフトとして、多くのユーザーが愛用しています。

2. QuickTime Player 基本の使い方(録画方法)

QuickTime PlayerでMac画面を録画するにはどうすればいいのか、その手順を画像交えて説明します。

Step 1:Mac内からQuickTime Playerを選択して起動させる

まず、Macの「アプリケーション」内からQuickTime Playerを見つけましょう。 QuickTime Playerは、上記画像のようなアイコンです。このアイコンを見つけたらクリックして起動させましょう。

Step 2「新規画面収録」を選択

QuickTime Playerを起動したら、メニューバーの「ファイル」を選択して、そのなかから「新規画面収録」を選んでクリックします。すると、画面収録のワイヤーが表示されるので、録画したい箇所をそのワイヤーで囲みましょう。

Step 3録画開始

Mac画面には、上記画像のようなパネルが表示されており、「収録」をクリックすれば録画開始です。録画の前に「オプション」をクリックすれば、録画の設定変更ができます。たとえば、ZOOM会議で、相手の声だけでなく自分の声も録音したい場合、マイク設定を変更すればすべての音声の録音が可能です。

Step 4録画停止→確認

録画を停止するにはスクリーンショットを起動させて、表示された上記画像のパネル真ん中にある丸をクリックすると、停止します。また「command + control + esc」キーでも停止可能です。録画が終わるとファイルがデスクトップ上に保存されるので、そのファイルをクリックするとQuickTime Playerが起動して、自動的に録画が再生されます。

3. QuickTime Player の欠点(一般録画ソフトの欠点)

QuickTime Playerはとても使いやすいソフトですが、いくつの欠点があります。ここで皆さんに紹介致します。

1)QuickTime Playerで映画やドラマを録画するときは、再生しながら録画するしかない、しかも時間がかかるし、ネタバレに要注意。

2)一括ダウンロード不可。QuickTime Playerでビデオを一度に全部ダウンロードすることはできず、バラバラに少しずつダウンロードするしかない。

3)Xbox Game Bar最大解像度720pであること。QuickTime Playerで録画した映像が高質でないことは、多くのユーザーにとって非常につらいです。最高画質の映像は体験できません。

4)字幕ダウンロードファイル(SRT/TTML)は不可。QuickTime Playerで字幕をダウンロードすることはできません。アメリカのドラマや韓国ドラマが好きな人にとって、字幕がないのもとても苦痛です。

5)QuickTime Playerが録画できるのは、選択したアプリのウィンドウのみで、デスクトップ画面全体を録画することはできません。これはQuickTime Player最大の欠点です。

4. QuickTime Player 録画できない解決策ーStreamGaGaダウンローダー

QuickTime Playerで画面収録が出来ない際の対処方法を紹介!!

Macパソコンに搭載されているQuickTime Playerは、フリーな高機能であるMac画面録画ツールになります。分かり易い操作画面と動画再生に必要な機能がありますので、満足できるソフトだと言えます。

しかしながら、「QuickTime Playerでパソコンの画面を収録出来ないとか音が出ない、保存が出来ない」等のバグが出ていますので、対処方法を記事にしてご紹介します。

QuickTimeでMac画面の録画が出来なくなる!

対応策1.利用されているquicktimeのバージョンを調べてみましょう。

古いバージョンを最新のバージョンにアップデートすることで、Macパソコンの画面を収録できない状況を改善することが可能になると思われます。

対応策2.Macパソコンを再起動しましょう。

MacパソコンのSSDもしくはHDDにエラーが出ますと、クイックタイムでパソコン画面の収録が出来なくなる可能性があります。画面録画をする前にMacパソコンで磁気ディスクについて調べましょう。

Dockから「Lanchpad」→「その他(Other)」フォルダーを開いて→「ディスクユーティリティ」をクリックします。左側の「Macintosh HD」→上の「First Aid」→ポップアップ画面が表示されて「実行」をクリックします。MacパソコンのSSDもしくはHDDにエラーが有るか無いかを検証して、エラーが有ると修復が行われます。ここでMacパソコンを再起動します。

QuickTime Playerの代わりに「StreamGaGa ダウンローダー」をお勧めします。「StreamGaGa ダウンローダー」は、以下の特徴があります。

内蔵ブラウザが再生するストリーミングビデオを検出。 録画可能なタイトルを視聴者に自動的に提示。

録画したい動画の画質を自分で選べる。通常の動画配信サイトやストリーミングサービスでは、視聴者のインターネット回線速度や端末のスペックに応じてストリーミングビデオの画質を決めるのが通例です。本ソフトウェアでは、元の動画の画質さえ高ければ、スマートフォンやホームシアターなど、ユーザー自身のニーズに応じて、2160p、1080p、720p、480pの 録画画質を選択することが可能です。

オリジナル動画から広告を削除することが可能です。通常、無料の動画配信サイトは、動画視聴の始まりや途中に広告を挿入します。オンライン視聴時の広告は我慢できたとしても、録画した動画に広告が飛び出るなんてさすがに不愉快ですね。広告が削除できるのはとてもありがたい機能なのです。

MacOSの画面録画ソフトStreamgagaは、簡単かつ高速に画面録画と動画編集が出来るのが特徴の一つになります。

StreamGaGaダウンローダーの録画手順は下記になります。

ステップ1:ソフトを下記の公式URLから無料でダウンロードして、インストールします。

入手先:https://streamgaga.com/ja

ステップ2:StreamGaGaの「ホーム」画面でURLバーに動画のURLをペーストすれば、内蔵のブラウザが動画サイトの内容を表示します。

ステップ3:見たいコンテンツを再生すれば、M3U8 ダウンローダーの設置画面が自動的に表示されます。画質、音質、字幕の設定を選択して「今ダウンロード」ボタンをクリックすれば、 録画が始まります。

ステップ4:録画中に進行状況を確認することができます。

ステップ5:ダウンロード済みの動画を確認します。

保存先のフォルダで ダウンロードしたファイルを開いて、動画や音声の効果を確認することができます。

まとめ

以上の内容でQuickTime Playerについて皆さんに紹介しました。最後に皆さんにおすすめしたQuickTime Playerの代替品であるStreamGaGaダウンローダーは録画機能以外に色々な機能が備えられており、もし興味がありましたら、ぜひ試してみてください。

関連記事:

Powerdirector付属の画面収録ソフトの使い方

関連記事