皆さんはm3u8というファイル形式をご存知でしょうか。これは動画や音楽に用いられるフォーマットですが、mp4やwavに比べて、あまり見かけない、よく知らない方も多いのではないでしょうか。本記事ではm3u8ファイルについてご紹介し、それをダウンロードして再生するための方法をいくつかまとめてみました。ではまずm3u8の解説から見ていきましょう。

m3u8とは

m3u8形式および元になったmu3形式は動画や音声などを連続再生するためにファイルの所在を表すURLを列挙したテキスト(文字)形式のプレイリストファイルであり、メディアファイルを集めたものです。よく誤解されるのですが、それ自体には動画や音声が記録されているわけではありません。m3u形式はもともとmp3音声ファイルのプレイリストとして開発された形式で、メディアプレーヤーなどでよく利用されます。

このプレイリストをネットワークを通じた動画や音声のストリーミング再生に応用したものがHLS(HTTP Live Streaming)です。配信サーバ側では元になる動画や音声を10秒ごとのMPEG-2 TS(Transport Stream)形式のファイルに分割し、再生順(時系列)にm3u8形式のリストを作成、これをプレーヤー側へ送信します。

結論から言うと、m3u8はオンラインでのスクリーミング再生のために用いられるフォーマットなので、それ自体をダウンロードして再生できるわけではありませんし、そのまま再生できると思ってダウンロードして、なんだかよくわからなくなってしまった、というようなことがよくあります。保存するためのものではないので、そもそもダウンロードできないようになっているものも多いです。動画のリンクを集めたファイルというふうに理解していただければわかりやすいかと思います。

m3u8ファイルのダウンロード方法

では、m3u8ファイルに格納されている動画をダウンロードする方法はあるのでしょうか。

動画ゲッター

動画ゲッターはブラウザの拡張子ですが、ウェブサイトから動画を検索してダウンロードすることができる機能を持っているので、一度インストールすればダウンロードするための難しい操作は一切要らないのです。

Chromeを例にすると、まずは動画ゲッターのページにて拡張子を追加します。

次にダウンロードしたいm3u8ファイルのページを開きます。

動画を再生するとダウンロードするためのボタンが出てくるので、そちらをクリックするだけでダウンロードが開始されます。

VIDEO CYBORG

ネットではファイルの形式を変換することができるサイトが数多く存在します。そのほとんどがURL 一つで変換してくれるので、フォーマットを普通の動画に変換してからダウンロードするという方法もあります。

VIDEO CYBORGではURLを貼り付けるだけで変換したいフォーマットを選択してダウンロードすることができます。現在はアカウント登録が必須となりましたが、こちらも手軽な方法なのでおすすめです。変換と言っても我々ユーザーからすれば手順に変わりはないので、難しいことを考えずに利用することができますね。

ただデメリットとして、毎回うまくダウンロードできる保証はありません。ファイルのサイズやネット回線の状況に左右されることが多いです。

m3u8以外にもたくさんのフォーマット変換に対応しているので、いろいろな場面で活用できるサイトかと思います。

ワンクリックで動画をダウンロードしてくれるStreamGaGaダウンローダー

手軽さで考えるとオンラインの無料サイトを利用するのが一番ですが、動画によってはファイルが大きすぎてダウンロードがうまくいかない場合もあります。安定性を重視するならやはりちゃんとしたダウンロードツールを利用した方が効率が良いわけです。

StreamGaGaは、ほとんどの動画・テレビ配信サービスに対応しているダウンロードツールで、YouTubeなどの一般サイトはもちろん、NetflixやAmazon Primeなどの有料配信サイトからも動画をダウンロードすることが可能です。自動的にm3u8の抽出を行ってくれて、普通の動画ファイルのフォーマットでパソコンに保存されます。

こちらも先ほどご紹介したのと同じ手順でダウンロードしたい動画のリンクをコピーし、貼り付けるだけでダウンロードが開始され、画質やフォーマット、さらにはオーディオファイルとしてダウンロードするように設定を行うこともできます。内蔵ブラウザで視聴しながらダウンロードすることで退屈な待ち時間もだいぶ短縮されます。

いくつかの優れた機能を一つにまとめた強力なダウンローダーなので、普段頻繁に動画をダウンロードする需要のある方にとっては欠かせないツールかと思います。

公式サイトにて無料でお試しできるので、迷っている方はとりあえずインストールして使ってみることをおすすめします。

関連記事