NHKプラスなら、総合テレビやEテレで放送された最新のニュースから、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーまで、さまざまな番組を視聴することができます。また、放送終了後の番組も7日間見放題。見逃した朝ドラやドキュメンタリー番組も、誰でも簡単に再生することができますよ。残念ながら、NHKプラス自体には録画やダウンロードの機能はありません。

この記事では、ソフトを使って、NHKプラスの動画を録画してパソコンに保存する方法を徹底解説します。

NHKプラスの動画が録画できない原因

仕事に集中できない】集中するのが苦手な人の特徴と集中力を高めるコツ - CANVAS|若手社会人の『悩み』と『疑問』に答えるポータルサイト

NHKプラスが配信している番組にはDRM保護やコピーガードがが掛かられているので、NHKプラスの動画を録画・保存するのは難しい。NHKプラスの番組を録画するとき、音は聞こえるが、画面が真っ暗になって録画できないことが多いです。

しかし、今回の記事ではおすすめのソフトは既にDRM保護を解除できるダウンローダーです。これらのソフトを使えば、NHKプラスの録画・ダウンロードは100%成功になります。

NHKプラスの動画方法・パソコン向け

いかでは、パソコンでNHKプラスを録画する方法を紹介します。

StreamGaGaでNHKプラスを録画

録画ソフトでNHKプラスの動画をダウンロードするとき、じかんをかかりすぎ、画質も低いと思います。

そこで、今回の記事では、StreamGaGa ダウンローダーをおすすめしたいと思います。

StreamGaGa ダウンローダーはNHKプラスドラマ、アニメ、バラエティ、スポーツなどの動画を最大2160p、AAC 2.0音声トラックでMP4/MKVファイルとして保存でき、視聴時間制限がない最強のNHKプラスダウンローダーであると言えます。オフライン環境下でいつでもどこでも視聴できます。バッチダウンロード機能により、複数のNHKプラス動画を一括でダウンロードし、保存することができます。

さらに、DRM保護技術を解除する機能を内蔵しているので、保存されたNHKプラスコンテンツはDRMなしであらゆるデバイスで再生できます。

StreamGaGa ダウンローダーを利用して、NHKプラスをパソコンに保存し、オフラインで視聴する方法を紹介します。

「手順」

ステップ1:StreamGaGa ダウンローダー公式サイトにアクセスして、お使いのパソコンの動作環境に応じてソフトをダウンロード・インストールしてください。

ステップ2:StreamGaGa ダウンローダーがPCにインストールされた後、それを起動してください。トップ画面の左側部分にある「ホーム」をクリックしてください。

ステップ3: 上部のアドレスバーにNHKプラス動画リンク(https://plus.nhk.jp/)を貼り付けてください。

ステップ4:動画を再生すると、ダウンロード画面が表示される。ダウンロード形式、画質、字幕のダウンロードなどがあります。ニーズに合わせてチェックを入れてください。

ステップ5:NHKプラスのダウンロード画面が表示されますので、「今すぐダウンロード」をクリックして、NHKプラスのダウンロードを開始します。複数のNHKプラス動画を一度にダウンロードしたい場合は、「キューに追加」をクリックして、タスクに追加してください。その後、「すべて開始」をクリックして、お好きなNHKプラス動画をダウンロードしてください。

ステップ6:NHKプラスのダウンロードの進行状況が表示されます。ダウンロードが完了した後、タイトルの左サイドバーの「ダウンロード」に移動してください。

Windows10「ゲームバー」でNHKプラスを録画

ゲームバーはWindows10に標準搭載している使える内臓録画機能です。このツールはパソコンの全画面録画を対応しますが、範囲を指定して録画できません。予めご了承ください。

「手順」

ステップ1. 左下のウィンドウボタンを右クリックし、「設定」をクリックし、「ゲーム」画面に入ります。ここで「ゲームバー」と「キャプチャ」の設定をチェックし、録画機能が有効になっていることを確認してください。

ステップ2. 録画したいNHKプラスの番組を開き、「Win+G」キーを押し、使用確認後、ツールバーの真ん中の赤い丸をクリックして録画を始めます。

ゲームバーの録画開始ツールバー

ステップ3. 動画が終ったら、「Win+Alt+R」キーを押し、又はツールバーの白い正方形をクリックして録画を終了します。

NHKの番組を録画するの注意点!

学校で著作権侵害にならない4つのパターン!授業プリントにキャラクターはOK? | EDUPEDIA

著作権法(第30条)では、著作物を自由に利用できる場合がありますが、その条件は厳格に定められています。個人的な利用を目的とした複製もその一つです。

詳細はこちら 個人的または家庭内で業務以外の目的で著作物を複製することができる。デジタル録音機器を使用して著作物を複製した場合、著作権者に補償金を支払わなければなりません。

詳しくは、著作権法(昭和45年法律第48号)をご参照ください。

おわりに

この記事では、NHKオンデマンドのビデオとNHKプラスのビデオの録画方法について説明しました。用途に応じて利用することができますが、ぜひとも著作権法(第30条)で認められている私的利用の条件を守ってください。

また、他のストリーミングプラン配信サービスの録画・ダウンロード方法を知りたい場合、ぜひ当サイトのblogを参考してください。

関連記事